ぐだぐだだけど。

ライオンズを中心にぬるーく、テキトーな感じで。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。いや、絶対だめ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王国建設大工さん? 小野コーチインタ

今日は箱根で選手会の納会
今年の新人と今年限りでユニホームを脱ぐ選手たちが主役だそうです。
以前はかなり派手だったけど、最近は大人しくなりつつあるらしい。
新人君も派手に飲まされたりしないのかな。
そういや、会社の新歓も大人しくなったなぁ。
新人くんがつぶされることもなくなったし。
そういう時の流れなんでしょうか。
無理やり飲ますのは危険だからね。
明日はゴルフもあるのでそこそこにってのもあるようです。

来シーズン、6月27日(金)対ロッテ戦の1試合だけ埼玉県営大宮公園野球場で行われることが決定。
うちにしては珍しくw、もうオフィシャルに出てたね。


今日のLEXは小野和義ピッチングコーチのインタビュー
インタビュアーはQR上野アナ。
秋季キャンプ中に収録したようです。

久しぶりのライオンズのユニホームってことになると思いますけど
13年ぶりぐらいじゃないですか

そのときはもちろん現役で、立場が変わってますが、いかがですか?
もう知ってる選手も数少なくなりましたからね
もう名前覚えるのと背番号覚えるのに必死ですよ、今は


でも外から相手チームのコーチとして見てたと思うんですけど、その時の印象と実際間近で見る印象って、ライオンズの投手陣いかがですか?
外から見てるときでもやっぱり能力の高い選手がいっぱいいましたからね
中に入ってもやっぱり潜在能力の高い選手がたくさんいますし、後はそれをどれだけ引き出せるかっていうのが我々の仕事になりますからね


実際見てて楽しみな、このピッチャーおもしろいな、出てきて欲しいなっていうピッチャーっていると思うんですけども
いやいやみんな出てきて欲しいですよ
よりどりみどり、うれしい誤算で誰を選んだらいいかっていうのが1番理想は理想なんですけど
その中で去年、まあちょっと肩を壊してた帆足とかね、この辺がやっぱりボールが戻ってきてますし
小野寺にしてもこういうボールを投げてて成績がこれでよく終わったなっていうようなボールをほおり始めてますし
また若いところで山岸とか松永、さらに若いんで田沢、田中、ここら辺がやっぱり見てて面白いなとは思いますけどね


小野寺なんですけども、今年小野寺投手自身苦しんだと思いますけど、小野コーチから見て、これから来年、今まで通りの活躍してもらうために、どうしていけば
もう少し大胆さが欲しいですね
あまり縮こまった投球という部分で、投球フォーム、配球にしても、根本的には腕を思いっきり振って150以上の真っ直ぐがほおれるわけですからそれを如何にコントロールできるか
それがやっぱり彼の勝てるか、抑えるか、やられるかの違いだと思うんで、もっとホントにダイナミックに飛び跳ねるようなピッチング、躍動感のあるピッチングをして欲しいですね


まだそこまでは出来てないんでしょうか
うーん、本人がちょっとまだ悩んでる部分もありますし
でもこないだ練習試合でちょっと1イニング投げたんですけども、そのときのボール、投げ方、そういうのはさすが30セーブ近くあげたピッチャーだなっていうのは感じましたけどね
あのぐらいやっぱり投げられれば十分いけると思うんで


構想の中では来シーズンも抑えでやってもらいたいピッチャーと考えていいですか
それはね、監督とも話し合わないといけないんですけど、ボクの頭の中には誰をどういう風にするかっていうのはまだ正直白紙です
だからこそ皆がんばって欲しいし、アピールもして欲しいし、それなりのボール、結果を出して欲しいっていうのは
春のキャンプなんですけどね


来シーズンは今シーズンと同じ部分もあり、今シーズンとは変わる部分もあり、投手スタッフの配置、ローテーションってことになると思うんですけど、小野コーチが考えるライオンズのピッチングスタッフ、来シーズンはこういう狙いでやっていきたいって今ありますか?
人選的にはたぶんそんな変わりはないと思うんですけど(笑)、ただ試合に関して失敗を恐れないことをやらしたいなと思うんですよ
どうしてもやっぱり先のことを考えるといい結果は出ませんからね
とにかく自分の持っているピンチピンチ、状況において上手いこと理解し、そこにどういう風な覚悟と決断で1球1球投げられるか、その先のことは考えずにとにかく失敗を恐れない投球をどんどんどんどんアグレッシブルにやっていって欲しいなっていうのがボクの考えですけどね


ファンは投手王国復活をものすごく期待してると思うんですけど、そこへ向けて意気込みを
もちろんボクもそれは、はははっ(笑)、理想は持ってますからね
我々がいたころのピッチングスタッフに近づけるように、その能力はみんな今の子はしっかりとある選手はたくさんいますから、時間は正直なところかかるかもしれませんけども、それにとにかく近づいていくように、もう1日でも早く近づいていくように、そしてまた結果が出るようにがんばっていきたいと思います


このキャンプが終わって、来年の春までに選手たちにやってきて欲しいことってありますか
もうとにかく来年の春から競争ですから
ボクも正直なところ皆と溶け込むっていうのがまずこの秋のキャンプの重要な課題でしたから
来年になったらもう180度コロッと変わりますからね
戦う上でどうしてくかっていうまあ厳しさも出てくるでしょうし、そうなってくるとやっぱり選手もとにかく2月1日の春のキャンプから、もうとにかくパッティングほおれる、ランニング100で走る、100%で走れるという状況を必ず作ってくると、これがやっぱりどのピッチャーに関しても課題だと思いますから


期待してます、がんばってください
頑張ります、ありがとうございました


<充四郎さんのお話し>
この小野コーチ、渡辺監督と同じ歳で、昭和40年組
高校時代、前橋工業の渡辺久信、創価高校の小野和義、もう1人は忘れたけど関東の三羽烏と言われて相当騒がれたんですよね。
小野コーチは近鉄に入ってSSF(スピリットフィンガードファストボール)を得意にしてて、かなり抑え込まれたイメージがある。
94年に近鉄からライオンズに移って、97年途中に中日に移籍
ライオンズは10年ぶり、近鉄離れて13年ぶり。
この辺が混乱しているようです。


秋季キャンプは名鑑なんぞを片手にやってたんだろうかw
単語帳とか使って背番号覚えてたりしてw
小野さんはやっぱり近鉄のイメージが強いなぁ。
潮崎哲ちゃんとともに、ライオンズの投手陣を立て直して欲しい。
急に投手王国ができあがるとは思ってないけど、徐々に作り上げてってくれれば。
帆足&力の復活、松永を筆頭に若手の力をひきだして
んで、ワクちゃんワールドに慣れてくださいw

選手納会といえば、昨年、乾杯の挨拶で平尾ちゃんが「おっぱい」ってゆーとったけど、今年はどうだったでしょうかw

今年の血祭り、岸くんと木村くんに決定。
このふたりでちゃんとおしゃべりできるのか?w
行きたいけどなぁ、行けるかなぁ。
かなーり微妙な時期でございます。
大宮、遠いしw


↓小野さん、たのんますっとクリックお願いします 
 

↓こちらもできましたれば



« 役割ってどこにあるかな(BlogPet)|Top|お前らプロゴルファーかいっ! »

コメント

小野さん、貫禄ついてかっこよくなってますね~
昔の細っこい小野っちのイメージしかなかったので、ちょっとびっくり、でも立派に出世(?)してて嬉しい。
熱い猛牛魂を、若いレオたちに伝授していただきたいです。

ともさん

はい、いい感じです^^
やっぱ、貫禄は大事大事。
獅子に牛の魂注入かぁ。
なんだかすごーく強くなりそう。
珍獣になったりしてw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gudagudabule.blog56.fc2.com/tb.php/704-555d1f35

Top

HOME

powered by プロ野球Freak


現在の閲覧者数:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

なお

Author:なお
大阪出身、ただいま東京多摩地区棲息。
野球が好きです。
ライオンズが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。