ぐだぐだだけど。

ライオンズを中心にぬるーく、テキトーな感じで。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。いや、絶対だめ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しの小野寺力 Part3

今夜の野球は~ ノノンノノン うるわしの夜は文化放送~♪
続きの続きで~す。


大学いかれて、常磐大学という茨城県水戸市にあるところですけども
こちらもお兄さんの実さんがいかれた大学
それはわざと意識していったんですか?
高校2年のときに大学の監督からお前こいよといわれてて、そんな実力なかったんですけど、ちょうど3年になったときに色んな大学にお誘いはあったんですけど決めてて、常磐大学に進むと

常盤じゃなかったらどこに行ってたんですか?
福祉もいってみたいなと思ったんですけど、もしいってたら今の自分はいないかもしれなかったです

なんでですか?
全然そんなにできるレベルではなかったと思います

結果的にはそこで、終生のライバルといってはなんですけど、ものすごい投手が同級生にいましたもんね
阪神タイガースに後に進むことになる久保田投手
同じ埼玉県の滑川高校から来た久保田投手、存在は高校の頃から知ってましたか?
キャッチャーをやってたっていうのと、高校が近かったんで、何度か練習試合はしてましたけど

話したことありましたか、大学はいる前までに
挨拶ぐらいですね。自分の友達が中学の同級生だったんで話はしてましたけど、自分は話したことなかったです

小野寺さん、バッターボックスで久保田投手の球を見たことは?
ないです

基本キャッチャーですもんね
投げてるとこも見たことないんですよ

ただ東と西に分かれた西埼玉代表で、滑川高校って甲子園行ってるんですよね
そうなんですよね

悔しくなかったですか?
それはやっぱり悔しい(笑) 
トーナメントの当たり方で違うなと思いましたね
先に当たっとけばよかったって思いましたもん


じゃあ小野寺力率いる鴻巣高校は、久保田の滑川高校に勝つ自信はあった?
自分は正直あったっすね
阪神の鳥谷のとこにサヨナラ負けしたんですけど、逆がよかったかなみたいな、あは(笑)


滑川高校は3回戦までいったんですよね
そうですよね、すごい頑張ってましたね

今までキャッチャーだったのにリリーフピッチャーとして久保田投手が告げられると、マスクとレガースとプロテクターとってトルネードで投げて、もんのすごい話題になりましたよね
あれはすごかったですよね
自分も全然見てなかったですけど、話を聞いたらすごかったって


その久保田投手と同じ常盤大学に入るということはいつご存知に?
大学の監督から兄貴を通じて入るみたいだぞって話を聞いてたんですけど

そのときってどうでしょう
えーって思ったのか、よしやってやる思ったのかどっちだったんでしょう
ライバルむきだしじゃないですけど、負けたくはないなと

それでやる気っていうのは変わりましたかね
やっぱり一緒に生活していく中で負けられないなとは思いましたけど

いい方ですか?
最初はすごいとっつきにくい、あれなんですけど、話して仲良くなればホントにいい

去年の年末ですか、常盤大学で球団の枠を超えたトークショー、西武小野寺・阪神久保田が常磐大学に招かれて、学長スピーチの後にトークショーというすごいのありましたけどね(笑)
そのとき小野寺さんは
<近くにライバルがいることはとてもいいことです。自分を伸ばすには最高の環境でした>
と素晴らしい言葉で褒め称えてますけどねー
ホントに久保田がいなかったら、また違ったかもしれないですね

どう違った?
負けたくないっていう気持ちが自分にあったんで、相手より努力をしなきゃいけないってすごい感じたし、それがあったからこそ今の自分がいると思いますけど

公式戦で投げたのはどちらが先だったんですか?
久保田です

それさすがに悔しかったですよね
ちょうどそのとき肩壊してて

勝ったのはどちらが先だったんですか
もう全然先に久保田が投げてたんで、勝率も勝利も多かったですね

ただタイトルという意味では、3年秋から4年秋まで3期連続防御率1位っていうのをとってますよね
4年春にはノーヒットノーランと、そういう結果は残してますよね
そうですね、久保田よりは何とか

どこで逆転することができたんですか、そういう意味では
2年の終わりから3年にかけてと思います

2年のあたりから小野寺、久保田の両エースって感じで
2年のときは1回だけ投げさせていただいたんですけど、そのときすごい悔しい思いをして

どういう悔しい思い?
プロの1年目と同じような感じでしたね

プロの1年目・・・・っていうことは・・・・・ごめんなさい、う、あ、ストライクが入らなかったってことですか
そういうことですね(笑)

だって練習では入るわけですよね、ストライク
そうですね、場に慣れてないっていうか、緊張感のあまりみたいな感じですね
力んじゃったんですね


まあ、名前どおりで(笑)
はい、よく言われます(笑)

北関東、甲信越、新潟の大学で構成する関甲新学生野球連盟っていうところに常盤大学は所属してましたけども、観客っていうのはどれくらい
まあ、xxじゃないですかね (ききとれず)

5万人の大観衆とは違いますけど、もんのすごい緊張するんですか
相手が、上武大学ってよく全国大会に出るチームが最初だったんで、力が入って緊張してってあったんですね

それがいつのまにやら力みがとれて
とれてですね。ま、後は悔しい思いをしたからこそ、今度あがるときはって気持ちになったと思うんですよね

この関甲新学生野球連盟って各大学のグラウンドで試合をやるって本当ですか?
そうですね、ほとんどそうですね

ただ、茨城の常磐大学から、群馬、栃木、山梨、長野、新潟って移動すごくハードじゃないですか
あのこれ、1位のチームの方にいったりとか、順位によって行く球場が違うんですね
自分たちだけずっと上の方にいったんで、山梨とか長野とか全然
群馬と埼玉ぐらいですかね、行ったの


ただ東京6大学とか東都6大学とかそういうところから比べると、圧倒的に注目度という意味ではまだまだというところはあったじゃないですか
その中でいろいろ鍛えられたって面はあったんじゃないですか
プロ入って後悔したことは、そういうところで投げてないから、人に見られることに慣れてないんで

たとえば関甲新学生野球連盟で優勝してれば、神宮大会に出れたわけですよね
ところが一度も優勝できなかったっていう、全部2位だったって話聞いたんですけど
全部2位ですね

どこに負けてたんですか?
平成国際に久保田が負けて、自分が上武大に負けてみたいな
まあ、いつも僅差で負けてるような


防御率一位とってるのに、優勝できなかったってことは打てなかったって感じがするんですよね。大変でしたねー
いえいえ

4年春のノーヒットノーランの前に最愛のお母様を亡くしてしまいますよね
小野寺さんにとってターニングポイントだったんじゃないでしょうか
そうですねー、自分でどうしたらいいかわからなかったですね
ちょうど大会前だったんで、試合に行くべきか、告別式に出るかっていうすごい葛藤があって、父親に聞いたときに「お前にまかせる」、兄貴に聞いても「お前にまかせる」って言われたんですよね
そのときに母親が試合見たいっていうのがすごい強くて、じゃあ俺いってくるわって感じで、告別式に出ないで試合にいったんですね
それでまあ、練習あんまりしてなかったんでどうかなって思ったんですけど、不思議と力が湧いてきて、いい結果を残せることができたんですね


力みとは違う力ですね
そうですね、投げてて自分じゃない感覚っていうんすかね
あれ、俺こんなボール投げれたっけっていう


それはストレートも変化球もですか
はい。普通練習してないとそれだけのボールとか、それだけの変化球になってしまうんですけど、してないのに自然と今まで自分が投げてる感覚ではなかったですね

守られてる、後押しされてる?
ほーんとに、そんな感じしましたね

プロに入ってのピッチングで、自分が自分でないみたいな投球ってのはできたことはあるんですか
その母親のってのはないんですけど、たまにありますね

でも生まれて初めての感覚だったんですね、そのときは
はい、最初で最後でしたね、それは

ノーヒットノーランのときよりも、亡くなられた直後のピッチングの方が
もう、全然違います
もうホントにふわふわしてる感じっていうか
自分が投げてるのみたいな、いつのまにか試合が終わってたみたいな


そして勝ち投手になってると
はい

このように地道に努力なさって、見てる人は見てますよね
プロにスカウト、西武ライオンズに入団するわけですけど
この後はライオンズの守護神になるまでの小野寺選手について



残りはプロ入りしてからのお話し。
これは明日に。


↓まだ最後までいかんのかい!っとポチっと押して 
 

↓こちらもできましたれば


« 麗しの小野寺力 Part4|Top|麗しの小野寺力 Part2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gudagudabule.blog56.fc2.com/tb.php/553-fbddc41d

Top

HOME

powered by プロ野球Freak


現在の閲覧者数:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

なお

Author:なお
大阪出身、ただいま東京多摩地区棲息。
野球が好きです。
ライオンズが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。