ぐだぐだだけど。

ライオンズを中心にぬるーく、テキトーな感じで。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。いや、絶対だめ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週、今週読んだ本。

先週と今週読んだ本
先週書かなかったんで2週分。

「倒錯の死角(アングル)201号室」折原一著
屋根裏部屋から向かいのアパートの201号室を覗く男。
その部屋の女性が殺されているのを目撃したことにより、ショックのあまりお酒に逃げ、アル中になってしまう。
そして201号室には新しい入居者の女性がやってくる。
またその部屋を覗いていくうちに壊れていく男。
さらにその部屋に忍び込んだコソ泥やら不倫相手やらからんで。
前から気になってた作者の本。
ようやく手をだしてみた。
最後の最後まで気が抜けないっていうか、練りに練られているって感じ。
ポイントは女性の書く「日記」
初期の頃の作品のようなんで、他のも読んでみようかな。


「無痛」久坂部羊著
人間を外側から見るだけで、その人の健康状態や病気の進行状態を読み取ることのできる医者が主人公。
といっても超能力ではなくて医学的な兆候での判断。
「刑法39条」心神喪失状態での犯罪がテーマ。
痛みを感じない人間が起こす凄惨な殺人事件。
こちらも前から気になってた本で、ようやく手を出せた。
題材としては面白いっていうか、考えさせられるものだとは思うんだけど・・・うーん。
どうも「凄惨さ」が強調させられすぎているような。
グロい。
んでどうにも中途半端な感が。
終わりもぷっつりって感じだし。
この「無痛」よりも前の作品の方が評判がいいみたいなんで、そっちも読んでみようかな。


「ジーン・ワルツ」海堂尊著
舞台は北海道。
人工授精のエキスパートの女医が主人公。
そこに先輩医師、4人の妊婦がからんでくる。
地方の医療、婦人科医療、霞ヶ関。
いろんな問題を提起している作品。
主人公の女医さん、そこまでするのはどうなんだとは思った。
だけどいろいろと、特に「生命」について考えさせられた作品だったと思う。


「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」辻村深月著
幼馴染の母親が死亡、容疑者の幼馴染チエミが行方不明。
田舎を出てフリーライターをしてるみずほはチエミの行方を追う。
みずほは女友達に聞き込みしていく。
途中、なんで?ってことがちょこちょこ出てくるのだけど、それも徐々に繋がっていく。
なんのことかわからなかった「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」という題名も。
この作者さんの好きなところ。
それは最後にちょっとでもほっとさせてくれるところ。
久々に「スローハイツの神様」が読みたくなったなぁ。


「卒業」東野圭吾著
東野圭吾2作めの作品。
24年も前の作品なんだなぁ。
そして「加賀恭一郎」初登場の作品。
といっても刑事ではなく、まだ学生。
大学卒業間近の加賀の友人が相次いで死亡し、その謎を解いていく。
トリックとなる「雪月花之式」がややこしーーい。
図もあったのだけど、頭が痛くなったんで考えるのやめてしもた。
んま、理解はできてないけどそこは問題ないってことで。
話の展開、タイトルのつけ方。
やっぱり東野さんはうまいなぁ。


「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎著
首相がパレード中に爆殺。
その濡れ衣を着せられた男、青柳雅春の逃亡劇。
いやーー、おもしろかったぁ。
ただどう逃げるかっていう、それだけの話じゃない。
こういう「逃走劇」、書く人によっては重苦しくなるのかもしれないけど、伊坂作品はそうならず。
友人や元カノとの「信頼感」がほろっとさせてくれる。
「偶然」という都合のいいところもあるけど。
「俺は犯人じゃない」「だと思った」ってやりとり、そしてラストにちょっとうるっときた。
映画化されたけど、独特な伊坂感は出せたんだろうか。

« 祝☆|Top|編集しなかった(BlogPet) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gudagudabule.blog56.fc2.com/tb.php/1817-d0538a61

Top

HOME

powered by プロ野球Freak


現在の閲覧者数:

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

なお

Author:なお
大阪出身、ただいま東京多摩地区棲息。
野球が好きです。
ライオンズが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。