ぐだぐだだけど。

ライオンズを中心にぬるーく、テキトーな感じで。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。いや、絶対だめ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週読んだ本。

今週読んだ本


「ブルータスの心臓」東野圭吾著

嫌いだ、これ。
ストーリーとしてはさすがだとは思う。
でも主人公を初めとして、嫌な人間がテンコ盛り。
最後まで真犯人がわからずざっくざっく読めたけど、読み終わったらいやーな気持ちが残った。
誰も救われないラスト、こういうの嫌い。


「禁じられた楽園」恩田陸著

熊野に天才によって作られたインスタレーション。
そこで起こるさまざまなこと。
いろんなジャンルのお話しを書く作者だけど、これはホラーになるのかな。
絵を想像すると気持ち悪いこともあったけど、でもぐいぐい引き込まれた。
でもでも、んーーーーー、おしいって感じ。
ラストが「えっ?こんな終わり?」って感じで。
ホントにラストだけ。
ほとんどが面白かっただけにもったいないなぁ。


「まひるの月を追いかけて」恩田陸著

「禁じられた楽園」とは全く違うもの。
失踪した異母兄を追って、兄の恋人と妹が奈良を旅する。
ミステリーなのか、ファンタジーなのか、うーん。
映画でいったら「ロードムービー」っちゅーのかなぁ。
とりあえず久しぶりに奈良に行きたくなった
奈良の名所をまわりながら展開される物語。
二時間ドラマになりそうだ(笑)
途中で出てきたあの人の姿、必要あったんだろうか。


「暗黒祭」今邑彩著

「蛇神」「翼ある蛇」「双頭の蛇」に続く蛇神シリーズの最終話。
なんだけど、なんだけどー。
「蛇神」と「翼ある蛇」、読んでないんだよねー。
前になんとなく「双頭の蛇」を読んでシリーズだって知って。
んで図書館にいったら「暗黒祭」があって読んじゃった
前の事情がわからないとこもあったけど、んま、これはこれで楽しめたかな。
舞台は千年以上も前から続く秘密の祭りを行う日の本村。
普通じゃない祭りだしありえないんだけど、こんなことがもしかしたらあるかも・・なんて思っちゃったり。
順番を守らず読んだけど十分楽しめた。
結構分厚い本だったけど、一気に読めたし。
この作者さん、文章上手いし。
でも最初の2作を読んでからだったらもっと楽しめたのかも


来週はまた東野圭吾から。
予約してたのがきたんでね。

明日は箱根だ~
温泉つかってうまいもん食ってくる~。
うひひ。

« ロマンスカー乗ってるだふ。|Top|チリ(BlogPet) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gudagudabule.blog56.fc2.com/tb.php/1799-d81f0775

Top

HOME

powered by プロ野球Freak


現在の閲覧者数:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

なお

Author:なお
大阪出身、ただいま東京多摩地区棲息。
野球が好きです。
ライオンズが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。